男性で1位、女性でも2位

肺がんというのは日本人が最もなりやすい病気です。
男性では死亡率が1位、女性でもなんと2位となっているのが肺がんです。
ちなみに、女性の1位は大腸がんです。

もしも少しでも自分の身体に違和感を感じたら、病院に行きましょう。
もし病院にいくのが遅れてしまったら、手遅れとなってしまうのが肺がんの怖いところです。
早期発見の肺がんであれば、病院で治療を受けて治すことも可能です。
そのため、少しでも何か感じたら病院に検査に行くことをオススメします。

ですが、初期症状はどんなものか知らない人も多いと思います。
肺がんの初期症状は、咳、息切れ、痰、胸の痛み等があります。
呼吸するのが苦しいような状況になってしまったら、すぐに病院へ行きましょう。
症状が重くなってくる前に検査を受けたほうが、治療期間、治療費用ともに少なくなるので、このような症状を放置するのはやめておきましょう。

また、肺がんにはしっかり癌保険が適用されるため、このような保険には入った方がよいです。
癌というのは最近では若い人にも多く見られる症状なため、年齢関係なく保険には入った方が良いかもしれません。
また、癌という病気の1つの特徴として、若い方が進行が早いため、若い人の方が危険だったりします。

イチ押しリンク

癌を転移させないための情報がこちら「癌の転移について知るためのサイト」

Comments are closed.

category
  • カテゴリーなし
comment
    archive
    calendar
    2014年9月
         
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930